ヨガのくすり箱 ~ヨガ解剖学で身体の不調を知る~
◎シリーズ第3弾‼︎「何だかやる気がでない…副腎疲労かも」編
理学療法士でもあるMAKI先生のワークショップ第3弾です☆

毎回、即満席になってしまうマキ先生の大人気ワークショップ
今回は副腎疲労について学んでいきます!

[日時] 5/20(日)13:30~16:30 (13時より受付開始)
    座学、ヨガの両方から学びます
[受講費] 5000円(参加費は当日のお支払いで大丈夫です)
[持ち物] 筆記用具、ヨガウェア、お水、タオル等
[定員] 12名
[会場] ヨガスタジオ トリニティ
阪急西宮北口駅 北西出口より徒歩2分
[予約方法] ホームページの予約フォームよりお願いします

<WSの主旨・目的>
現代の生活の中で、あらゆる不調を抱えながら、仕事、家事、子育て、学校、介護といった日常の生活を送っている方は少なくないでしょう。
病院に行くまでもないと判断されやすい身体の不調(肩こりや首こり、足のちょっとしたしびれ、便秘、眠りが浅い…etc)ですが、皆さんを悩ませる大きな要因になっているのではないでしょうか?
そんな身体の不調について、毎回テーマに沿ってその不調が起こる身体のしくみを解剖学で知り、ヨガでそれを意識してみようとするWSです。
それはまるで、お家にあるくすり箱のように…病院に行く前に常備薬で対応するように、ヨガと解剖学の知識でまずは対応してみませんか?
講師は理学療法士で、ヨガ講師、また日本ヨーガ療法学会認定ヨガ教師でもあります。安心してご参加ください。

※このWSは治療ではありません。不調の奥に重篤な疾患が潜んでいるかも知れません。そんなときは病院で受診が必要です。不調がある方は、受講前に講師に相談下さい。

<対象>
ヨガ初心者~指導者まで
※ヨガでの動きは初心者の方を対象として動きを行います。対象は指導者までとありますが、アドバンスポーズを行うといった意味合いではありません。
指導者として不調を抱えた方がクラスに参加された際の役に立てればと思っています。

第3回 「何だかやる気がでない…副腎疲労かも」
4月の新しい年度始まりからGWまで何とか突っ走ってきたけれど、5月も半ばも過ぎて少し落ち着いてみた時、そう言えば何だか疲れてる…やる気がでない…朝が起きづらい…
これって5月病!?!?自分の意志の弱さに自己嫌悪してみたり…
でもそれはもしかしたら“副腎疲労”かも知れません。やる気やストレスに対応するホルモンを分泌している副腎という臓器。ここを酷使することで前述の症状が出現することが近年の研究で判明してきました。ちゃんと原因を知って、ヨガでできることやできないこと、生活で調整できることを知っていきましょう。
今年の春はスッキリ過ごせるといいですね。